このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

4

SVI(Stochastic Variational Inference)を俯瞰する

Stochastic Variational Inferenceの論文などを読み進めます。

Registration info

通常参加者枠

3000(Pay at the door)

FCFS
1/5

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

はじめに

 コロナ対策として、少人数の実施と、アルコール消毒・マスク着用を義務化します。
詳しくは「参加者への情報」にまとめましたので、必ず一読の上の参加をお願いします。

内容概要

PPL(Probabilistic Programming Language)で変分推論を行うにあたって、スケールの問題
から実装として用いられることが多いのがSVI(Stochastic Variational Inference)です。
https://arxiv.org/abs/1206.7051
当企画では上記のSVIの論文について簡単に読み進めます

 ある程度ラフな解説になると思いますので、期待し過ぎないようにお願いします。

開催日程

11/4(水)
受付: 19:5520:00
講義: 20:0021:30

 途中5分ほどの休憩を設ける予定です。
 19:55より前の入室は原則としてお断りします。

アジェンダ

1. 前提知識の確認(30)
  最尤推定(MLE)
  EMアルゴリズム

2. 論文の確認(50)
  SVIの論文などを簡単に確認します
  https://arxiv.org/abs/1111.4246

3. 予備(30)
  21時半以降は中締めとし、以降は質疑応答や軽い交流会などを行います。
  (任意解散可です)

 全体の流れは変えませんが、細かい時間配分は内容踏まえて変更する可能性があります。

会場

水道橋駅、神保町駅、九段下駅周辺
千代田区西神田2-7-14 YS西神田ビル2F

対象者

SVIについて興味がある方
・最尤推定などについてはある程度把握している方

講師プロフィール

東大工学部卒。
データ分析/AI開発の仕事の経験は8年ほどで、理論/開発/ビジネスのどれも経験があり強い。
また、多くの業界のプロジェクトに関わったためドメイン知識も豊富。
初心者向けの指導実績も多く、1,500名近い。

当日までの準備

・下記の記載内容についてはある程度既知とします。
https://lib-arts.booth.pm/items/1836937

費用

3,000円(1.5h

 領収書発行の際は事務手数料として追加2,000円のお支払いをよろしくお願いいたします

定員

5名(2人用の机を1人で使えるように、最大でも7名とします。)

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

lib-arts-adm

lib-arts-adm published SVI(Stochastic Variational Inference)を俯瞰する.

10/17/2020 19:18

SVI(Stochastic Variational Inference)を俯瞰する を公開しました!

Ended

2020/11/04(Wed)

20:00
22:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2020/10/17(Sat) 19:18 〜
2020/11/04(Wed) 22:00

Location

水道橋駅周辺

千代田区西神田2-7-14 YS西神田ビル2F

Attendees(1)

SnowFox

SnowFox

SVI(Stochastic Variational Inference)を俯瞰する に参加を申し込みました!

Attendees (1)